風俗新所沢駅4つの目で世界を考える

  • 投稿者 : あらあらこんなに、、、
  • 2015年1月6日 1:20 AM

毎晩八時間、立ちづめでいるのがしっかり好材料になっていた。新所沢駅こそが尻には張りが出たし、腰の線はすっきりした。モスボールだった体型が、その昔、学校の運動場でつくりあげた肉体にもどってきた。ジムでもう少し鍛えれば、アドニスになることだってできそうだ。いろんな新所沢駅 風俗ならたばこをやめようかという考えすら、うっかり抱いてしまいそうだった。日曜の夕方、昼番の仕事を終えて早く帰ったわたしは、ソニァが翌朝働きに出かけるまでぐっすり眠った。月曜の夜、わたしは熟女を表へ連れ出した。風俗嬢はめかしこんだ。ハイヒールに黒のドレス、指輪をいくつかはめ、ゴールドのチェーンを首に巻いた。われわれは、熟女がニューヨーク誌で読んだミッドタウンの店に繰り出した。予約をして、バーで一杯飲んで、どれもじれったい紋切型だった。一つの新所沢駅というのは熟女は依枯地なウェイトレスの態度をくずさなかった。「日ごろは人の世話をしてるんだからね、休みの晩ぐらい、誰かに世話してもらわなくちゃ」という態度を変えなかったのだ。んで新所沢駅であれ一方、わたしにいわせれば、こういう三つ星のレストランは素人だましのいかさまだった。肉は切り落としを使っていたし、野菜は缶づめ、魚は冷凍で、菓子は(パテイスリー)アストリアのギリシャ人あたりから買っている代物にちがいなかった。気くばりの陰に侮蔑がほの見えた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。